岡タイヤ工業 株式会社

山口県宇部市小松原町2-7-6
TEL :0836-31-0850
FAX:0836-32-7510
営業時間:8:30〜18:30
定休日:日曜日・祝祭日

宇部市を主として、近市町村に「安心・安全・安い」をモットーに、国内メーカーはもとより、韓国製ハンコックタイヤをはじめとした外国製の良質タイヤの販売をおこなっております。引き取り修理・現地出張パンク修理や、タイヤ交換、持ち込みタイヤの組替、ホイールの販売・買取(タイヤのみの買取は行なっておりません)、委託販売やその他修理やメンテナンスまで!タイヤのことなら岡タイヤまで。

 


大きな地図で見る

 

タイヤの基礎知識

■タイヤの空気圧について

タイヤの空気圧は、車種やタイヤによって適正値が変わります。
正しい空気圧で最大限の性能を発揮しますので、定期的な空気圧チェックがとても大事です。

タイヤの空気圧が低い場合の影響
■タイヤのたわみが増えて、燃費が悪くなってしまいます。
■偏摩耗になるため走行安定性が低下し、運転がしにくくなってしまい危険が生じます。
■タイヤのたわみが大きくなることで、過度の発熱によるヒートセパレーション(はく離)などの損傷が起こります。
タイヤの空気圧が高い場合の影響
■トレッドが傷つきやすくなってしまいます。
■路面との接地面積が減ってしまうことで、偏摩耗(センター摩耗:中央部だけ減りやすくなる)が起こり、長持ちしなくなります。
■小さな段差でも跳ねる感じになるような、乗り心地に影響します。
扁平タイヤと通常タイヤ

扁平タイヤは見た目でわかりづらいため、注意が必要です。

低偏平タイヤの場合、タイヤ内部の空気量が通常より少ないため、指定空気圧より高い空気圧に調整する必要があります。

 

■タイヤが偏摩耗していませんか?

タイヤの偏摩耗は、その多くが不適正な空気圧に起因します。タイヤが偏摩擦すると、クルマの挙動が不安定になったり、タイヤの寿命も縮めてしまいます。

偏摩耗したタイヤ

■スリップサインが出る前にタイヤ交換を

溝のすり減ったタイヤは、ハイドロプレーニング現象が発生しやすく大変危険です。スリップサインが露出してしまう前に、新品タイヤに交換しましょう。

タイヤのスリップサイン

スリップサイン

トレッド全周の4〜9カ所、タイヤの溝の底にある盛り上がった部分のこと。トレッドが摩耗して溝の深さ1.6mmになると、スリップサインが現れます。このサインが現れたときを、摩耗によるタイヤの使用限度としています。

■タイヤのキズのチェックも忘れずに

コードに達する外傷やゴム割れのある場合は、非常に危険ですので使用しないでください。日常点検を必ずしてキズを見つけたら販売店などで点検を受けてください。

タイヤ横側の膨らみには要注意!

タイヤの横側の一部に、盛り上がったような変形を見つけたら至急タイヤを交換してください。「ピンチカット」といい、縁石に強く乗り上げたなどの衝突が原因で、内部のコードが切れている非常に危険な状態です。

タイヤの横の膨らみ

タイヤ横側の凹みは大丈夫?

適正空気圧なのに、タイヤ横側に帯状の凹凸が出来る場合があります。内部構造上起きる「バルジデント」といい、不良品ではありません。詳しくは販売店におたずねください。

タイヤの横の凹み

■タイヤの正しい保管方法

タイヤの品質保持のため下記の点に注意して、適正な保管方法でタイヤの鮮度を保ちましょう。

直射日光と雨に注意
雨や直射日光の当たる場所や高温・多湿な場所は避けて保管してください。
モーターやバッテリー、油など注意
モーターやバッテリーなどオゾンが発生する機器や、油やストーブなど、タイヤを劣化させるものを近くに置かないようにしてください。

タイヤの点検はもちろん、インチアップ・ドレスアップなど岡タイヤにご相談ください。

お電話でのお問い合わせは0836310850

 

 

岡タイヤ トップページへ

 
取り扱いメーカー
ブリヂストン
ダンロップ
ファルケン
ヨコハマタイヤ
トーヨータイヤ
ハンコックhankook
ミシュランmichelin
コンチネンタルcontinental
グッドイヤーgoodyear
ピレリpirelli
ネクセレンnexen
クムホタイヤkumhotires

 

取付サービス

オートウェイオンラインショップへ